プレゼン資料.jpについて

プロのグラフィックデザイナーと東証一部財務・IR担当者が
デザインと中身の両面をブラッシュアップ。
この機会にアウトソーシングを検討してみませんか?

資料作成のプロだからこそできる“3つのお約束”

ハイパフォーマンスなサービスを是非ご体感ください

魅せるコンテンツ


事業コンセプトや収益スキームといったサマリーを資料にまとめると、気が付けば事業計画書は文字だらけ。そんな経験はございませんか?効果的にイラストや図表を用いて「魅せる」コンテンツの作成をお手伝いします。

「伝わる」構成


資料本来の目的の「伝える」ということ。
ページ構成にはじまり、細やかなデザインの手法まで、お客様の思い描く原稿を第三者の目線で評価し、「伝わる」資料への再構築をサポートいたします。

グラフィカルなデザイン


せっかくのGood Ideaもダサい資料では台無し。表層のグラフィックは視覚を通じて、対象に好印象を与え、結果として御社のプレゼンに信憑性をもたらす一助になります。
是非お試しください。

日常の業務にアレコレ忙しく、
更にプレゼン資料づくりでヘトヘトのあなたに…

ピッチ資料やプレゼン資料の多くはパワーポイントで作成されますが、お客様ご自身で編集できるソフトだけに
「自分でやるもの」という共通認識があるように思われます。
しかし、実際、多くの企業では外部のコンサルや制作会社に委託する場合も多く、
担当者が「本来の仕事」に専念することができ、好結果を生むというケースも多くみられます。
これを機にアウトソーシングを検討してみませんか?

プロフィール


190HDS × pinokoro

デザイン制作会社から心機一転、IT企業の経理財務部門に転職。以降10年以上に渡り、株主向け財務資料を中心に多くのパワーポイント資料を作成。そこで培った経験を活かし、2018年、グラフィックデザイナーとの協業としてパワーポイント資料作成サービスを開始、計500社以上の実績を積む。その過程で「どんな優れたビジネスアイデアも、見せ方次第では台無しになる」と感じ、企業向けのBtoBプレゼン資料作成サービス「プレゼン資料.jp」を190HDS運営の下でスタート、現在に至る。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい!
お客様に合った最適なプランをご提案いたします。